特定失踪者家族会

特定失踪者家族会とは

北朝鮮による拉致の可能性が排除できない「特定失踪者」の家族有志にて2017年5月12日に特定失踪者家族会を結成いたしました。
拉致被害者に比べ、一般の方々の認知度が低い特定失踪者の存在を広め、北朝鮮への圧力をさらに強め、拉致全体の解決を目指すことを目的としています。

家族会は「特定失踪者問題調査会 荒木和博代表」と連携し、家族間での連絡をとりながら、連携した活動をおこなってまいります。
これまで「家族」は単独あるいは地域に限定した活動しかできませんでしたが、家族会の結成により、より広範囲に多くの参加者による活動が可能になりました。

特定失踪者の方々はもちろん、家族会メンバーも高齢化が進み、時間がないとされるなか、少しでも効率のよい活動をおこない、早期に拉致被害者や特定失踪者をとりかえすべく決済されました。

家族会会長には大沢昭一氏が就任しました。
役員には、失踪者の家族が就任し、副会長、幹事で構成されています。家族会はいろいろな活動を通じ、政府にも積極的に働きかけをしてまいります。

活動とメンバー

活動記録

役員名簿

特定失踪者家族会資料

資料のファイル形式はすべてPDFです。
アドビ社のAcrobatReaderで閲覧、ダウンロードをお願いします。

失踪者名簿一覧 日本語版

ICC提出英文リスト

ICC拉致被害申し立て書 英語版

ICC申し立て書 日本語版

ICC回答の訳文

家族会チラシ第二弾「消えた833人+α」